マンションをローンで購入する時の注意点って何ですか?

周りの人が次々と結婚していく最中、独身のまま四十路前を向かえて、生涯独身を覚悟した私はマンション購入を計画しています。色恋沙汰と縁が無かった分資金に関しては潤沢にあると思っていますので、それを貯めるだけじゃなくて資産運用に回したいと考えたのです。生涯独身ならさらにお金も貯まるだろうし、一生安泰として暮らしていきたいのです。

それでローンを組んでマンションを購入しようとしているのですが、何か注意点とかってありますか?こうした資産運用は初めての事ですし、これくらいの規模のローンとなると初めてで、注意点というのもさっぱり分かりません。この年になるまで完全に独り身だったくらいですから他に相談相手も居ませんし、皆さんだけが頼りです…って書いてて少し悲しくなってきました。

それはさておき、マンションをローンで購入する場合に気をつけるべき事を教えて下さい。

きちんと払っていく上で気をつける事をお答えします

独り身を強調しすぎていて、こちらまで悲しくなってくるっす…いや、自分も独り身だし結婚する予定も無いから笑えないって意味っすけどね…まあそれはさておき、マンション購入で注意すべき事について書いていきたいと思うっす。大体以下の点について気をつけておくのが大事みたいっす。

まずマンションの支払いなんすけど、賃貸収入で支払っていく場合、きちんと収入が見込めるかどうかがかなり大事になってくるっす。特にマンションのオーナーとして他の仕事もしない場合は賃貸収入が生活費にも繋がるわけっすから、より一層賃貸収入の有無が重要っすよ。ちゃんと人が来る場所なのかとか立地条件とか確認しておかないと、最悪赤字になる可能性だってあるのを忘れない事っす。

あと、税金も結構厄介っすね。「マンションをローンで買っても賃貸収入で払えるなら問題なし」なんて思っていても、必要になるのはローンのお金だけじゃないっす。税金も発生してかなり必要になりますし、さらに税金っていうのはローンを払い終えた後でも発生するっす。所有する限りは払うって事っすから、これについても払えるかどうかをきっちり計算しておきたいっすね。

そして最後に、補修とかの費用も忘れちゃいけないっす。やっぱり建物って風化していくんすから、その分壊れたりすると修繕費もかかるし、賃貸収入がある以上に出費もあるって事を忘れてはいけないっす。手放しで儲けていると思っていても、あらゆる出費と差し引きしたらそうでもない…って事は珍しく無いっすよ。

というわけでほとんど出費絡みっすけど、注意点としてはこんな感じっすよ。マンションは上手く活用すれば不労所得として優秀っすけど、それなりにお金もかかるって事を忘れちゃいけないみたいっすねー。

マンションはローンで買って、繰上返済で自分の資産にしましょう

マンションを買う人の年齢層は比較的若く、ほとんどの方が住宅ローンを利用しています。このこと自体は悪いことではないのですが、いつまででも借金を引きずっていると生活設計が狂ってしまいますので、できる限り早期に完済する必要があります。子供の成長は早く、あっという間に小学校を卒業して中学高校と進んでいきます。当然それと同時にお金がかかることも増えていきますから、資金計画はしっかりと立てておく必要があります。

そのための手段が繰上弁済で、元本が減ることから利息負担が軽くなるばかりではなく、毎月の返済額に占める元金の額が増加しますから、加速返済というメリットもついてきます。子供が小さくて、お金がかからないうちに繰上弁済を頑張ることで、マンションが名実ともに自分の財産となるのです。こうすることで、30年とか35年という長期のローンを組んでいても、10年以内に完済してしまい、一戸建て住宅の取得をする世帯が少なくありません。もちろん、再度住宅ローンを使うことになるのですが、マンションの売却代金を充当することができるので結果として返済負担は軽くなります。夢のマイホームと言われることが多いのですが、マンションよりは庭がある一戸建てにあこがれる人が多いのです。

マンションを買う際に、販売業者から10年が一つの区切りになるという説明を受けたことが多いです。この意味は、10年以内に完済してしまい売却して、一戸建て住宅に引っ越すことができるという一つのガイドラインなのです。(詳細はこちらから→カードローンの鉄人)マンションの中古価格は、10年を経過すると古いというイメージが増幅してしまい価格が落ちます。その前に売却することが、資金化という観点では一番賢い方法なのです。

完済してしまえば自分の資産です。もちろん売るばかりが能ではありません。住み続けることもできますし、売却せずに賃貸物件として不動産収入を受け続けることも一つの方法です。どちらにせよ、完済してしまうことが必須です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 〈ブラックでもキャッシング〉したい…利用者多数お薦め業者情報 All Rights Reserved.