残債があるマンションは売却可能でしょうか?

普通に働いて人と関わるのが嫌だったので、遺産などを利用してマンションを購入して不労所得を得ようとしたのですが、やはりそんなに上手くはいきません。立地なども妥協して購入した結果不労所得のみで食べていくには些か心許なくて、このままでは理想の人生設計にもほころびが生じてしまいます。

そこで新しいマンションの購入を検討しており、今あるマンションは売却してしまおうかと考えているのですが、残債が残っているマンションって売却できるのでしょうか?残債があると出来ないという話を聞いた事があるのですが、人によっては可能だと主張している方もいるみたいなのですが…どちらですか?

残債があっても売れるというのなら、さっさと売却してより目標に近付く為の資金にしたいと思っています。可能かどうか、そしてその方法などがありましたら是非とも教えて下さい。

買い換えローンなどを駆使するのなら可能となります

マンションを購入したものの、思いの外利益が少なくて結局は仕事しながらローン返済をして、返済後にようやく満足のいく利益が出せている…そうぼやく人は多いみたいね。資産運用に注目が集まっている昨今だけど、大抵のものには相応のリスクがあって、マンションのローンとかはその典型例とも言えるわね。

まず基本としては、残債があるうちの売却というのは不可能よ。売却するのならローンの担保として抵当権が金融機関側にあるはずだから、それを解除してから売却をしないといけないってわけ。でも購入したばかりで残債が多くて売却額だけで完済しきれないと、残るのは借金だけよね?だから、この状況にならないようにするために工夫をしないといけないの。

その方法として最も適当なのが、今あなたが考えている買い換えを利用するという事よ。買い換えの為に必要なローンを組む際に残債分も貸してもらってから新しくマンションを購入し、その収入からまとめたローンを払っていく…つまり、住宅ローンのおまとめローンみたいなものかしらね?必ず通るとは限らないけど、上手くやればより良い物件で効率よく返済していく事ができるってわけね。

もちろん売却してそれでローンがきっちり終わるのが一番だし次のローンも組みやすいけど、早々上手くいかないのがマンション経営ってものね。次々上手く物件を乗り換えている人の動きも参考にしながら、不動産屋の人と相談するようにしていくのが良さそうよ。

住宅ローン残債をマンション売却で支払う際の注意点

住宅ローンの支払が厳しくなり、延滞になりかねない事態になった際は早めにマンション売却の決断をすべきです。
遅れるほど事態は深刻になります。ただ、この際最低限気を付けるべきことは、ローン残債以上の金額で売却できないと抵当権が外れないため、売却契約を結ぶことができないということです。

住宅ローンを利用してマンションを購入すると、抵当権を銀行側が付けるため、全額弁済しない限りは、自由に売却ができません。そのため、抵当権が付いているマンション売却の際は、契約が成立したら銀行に一括弁済の手続をする必要があります。一括弁済の資金は買主側から振り込むことになりますが、銀行側も多額の資金が振り込まれてローン返済をするわけですから、いきなり手続をするわけにもいきません。あらかじめ銀行側に連絡をしておく必要があります。

売却は、不動産業者に依頼することになりますが、住んでいるマンションをよく仲介している不動産業者というものは大体決まっていることが多いため、その業者に依頼するのが一番です。そのような業者に依頼することで、早期の売却をすることができますから、住宅ローンの弁済も早期に終わらせることが可能になるのです。

もし、ローン残債以上の金額でマンションが売れない場合は、話がややこしくなります。一括弁済をしないとマンションの売却ができないので、不足資金をあらかじめ繰上弁済しておく必要があります。しかし、もともと住宅ローンの弁済がうまくできないからマンション売却を決めているわけですから容易なことではありません。

このような場合は、銀行側に一度相談してみることをお勧めします。銀行も、面倒な競売手続きをしたりすることを嫌がるため、毎月の弁済額を減らしたり、利息の減免をするという交渉に応じることが少なくありません。また、最近では住宅ローンが返済できなくなった人のための個人再生の手続きもありますから、検討してみるといいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 〈ブラックでもキャッシング〉したい…利用者多数お薦め業者情報 All Rights Reserved.